自分の中にとりこんでしまった母親の感情から自由になる



2016年03月24日

自分の中にとりこんでしまった母親の感情から自由になる

まずはポチッとお願いします(m-m)
   ↓    ↓
ブログランキングバナー











こんにちは。このはなさくやです。



先日の対面セッション中に、

母親の感情の呪縛からの解放を体験された、

そんなクライアントさんのお話をします。



(ご本人様からはシェアのOKをいただいております。)




この彼女、M子さんは、40代半ばの独身女性です。



パートナーができないのでパートナーがほしい、

それ以前に自分はなにをするにも自信がもてなくて、

精神的な自立もできていないので、

自立をしたいという望みをお持ちでした。



ご両親が不仲でお父さんがお母さん以外の女性ばかりおいかけて、

お母さんがいつも不幸せそうにしていたこと、

そんな不幸せなお母さんになんとかして笑顔になってほしいと

子どものころから心を砕いてきたこと、

でもお母さんは彼女が何をしても喜んでくれず、

彼女がなにをしても不満をぶつけてダメ出しをするばかりで、

ちっとも認めてもらえなかったこと、

そんな痛みを長年かかえてこられました。



「お母さんに幸せでいてほしいのに、お母さんはちっとも幸せそうじゃない。

お母さんが幸せじゃないんだから、わたしは幸せになっちゃいけないんだ。」




彼女とのセッションは半年前にスタートしたのですが、

彼女は「自分の感覚」や「自分の選択」というものに自信が持てず、

「自分で決める」ということが苦手で、

セッションの予約リクエストもなかなか出せない、

そんな時期もはじめのころはありました。



自分の選択って正しいんだろうか?

まちがっているかもしれない?

まちがえたくない。

だから決められない。


決められなくて行動できない。

行動できないから変化を起こせない。

あとになってから後悔する。

自分をダメだと思う。



このスパイラルが彼女を不自由にしていました。



で、彼女とセッションを続けていくうちに、

数か月たったころから意識の変化が明確に起こりはじめました。



ご両親が口論した後にいつものごとくお父さんがお母さんを置いて、

家から飛び出して行ってしまったシーン。



家の中にとりのこされたお母さんとふたりっきりの赤ちゃんだった自分。


お父さんの文句をうわごとのようにぶつぶつぶつぶつ言っているお母さん。



でも、イメージの中に、おもちゃで遊ぶのに夢中になっていて、

ケロっとしている自分を見つけたのです。



お母さんがお父さんとうまくいかないのは、

お母さん自身の学び。人生のレッスン。



お母さんが不幸せであったとしても、

お母さんが幸せであればいいなと願いつつも、

それでも自分は幸せでいることを選んでいい。



彼女が自分に許可をおろした瞬間でした。



それからちょっとずつちょっとずつ彼女は自分で決められるようになりました。



興味のあることに自分から出かけていったり、

行動範囲もぐんと広がりました。



はじめてきたころは暗い色の服ばかり来ていたのが、

明るくて目立つ色の服も着るようになりました。



もともと目鼻立ちがハッキリしていてエキゾチックな美しいお顔立ちをしている女性なので、

ハッキリした色の服を着ると、ハッとするほど美しいのです。



人って、自分に許可を出せると、

どんどん行動できるようになりますし、

自分が持っている本来の美しさを、

のびやかにごく自然に外に表現できるようになります。



この世でたった一輪の花として。



彼女とのセッションはあと数回ありますが、

次回のセッションでまた彼女と会うのが楽しみです。













ラブレターお互いに大切にし合えるパートナーを引き寄せたい
ラブレター現在のパートナーとの関係をもっと深めたい
ラブレター夫婦の絆をもっと深めたい
というあなたはいますぐご登録ください!↓FREE

a125x125sakuya







受講された方は、特別な条件でカウンセリングを受けていただけます!













ブログランキングに参加中です。

ポチッと応援お願いします(m-m)
   ↓    ↓
ブログランキングバナー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

自分の中にとりこんでしまった母親の感情から自由になる is Posted by solar_lunar at 23:27